*

日本のワイン

遅番マネージャーのゆたかです。

 

よく聞く日本ワインと言えば、山梨県が有名ですが、どうやらこの20年くらいで各県にワイナリーが出来てきているそうです。

 

そんなこんなで先日【ワイン東京】というイベントに行ってきましたので軽くレポがてら書いてみますね。

 
DSC_0019
 

ぶっちゃけ頭から言っちゃうと、日本はワイン用ブドウの生産に向いてません。

 

これは過去のブログでも書いた通りですが、一番大きい理由は雨多すぎです。

 

ちょっと多いとかじゃなくて、降雨量の桁が二つくらい違うんだって。

 

なんで雨が多いとダメなのかって言うと、ブドウは実がなると水分を根から吸い上げてすぐに房に補給します。

 
簡単に言うと、これだけでワインになる果汁が薄くなるわけです。

 
凝集感が無い、という表現でワインの評価が下がる原因となります。
 

ちょっと降ったくらいで確実に給水してしまいますので、雨が当たることが命取りなのです。
 

まぁ普通に考えたら日本で雨に当たらないでなおかつ風通しよく育つとか無理でしょう(ヾノ・∀・`)

 

しかし、ブドウ農家の方々の戦いは日々進歩していて、ブドウの房や枝葉に雨が当たらないようにビニールで傘を作りつつも下からは風が抜けて、地面が濡れないように白いシートをかけ、少ない日照量をシートの反射で稼ぐなど、様々な工夫がされています。

 

これにより地中海性気候に近い環境を作り出している農家さんも有るようです!

 

日本で地中海!

 

結果だけ見るとドラえもんが何か出したのかと思うような話ですよ?

 

でも情熱と様々な工夫と科学的な考察が加わるとこんなことも出来るんですねーΣ(´□`;)

 

出来上がったワインは色々試飲しましたが、どれも繊細な味わいでありながら、様々な品種が力強く表現されていました。

 
DSC_0024
 
諦めなければ実現する方法が生まれるという、言葉で言うと陳腐ですが、関わる方々の苦労を思うと本当に凄いことだと思います。

 

こんな日本ワインの今後が楽しみですし、日本人として応援していきたい!と強く思ったワイン展でした。
 

皆さんも機会があれば、いつもより少し奮発した良い日本ワインを味わってみてください。
 

きっとご家庭のお料理とマッチする素敵な出会いがあると思いますよ♪

 

関連記事

この人 知ってますか?

  なんか友人の付き合いもあって   今場所は 結構 

記事を読む

カリフォルニアワインの立役者達

カリフォルニアワイン全体もさることながら、ナパ・バレーのワインを一躍有名にしたロバート・モンダヴィと

記事を読む

アドベント11日目。

クリスマスまであと2週間となりました。   子供の頃はこの時期、サンタ

記事を読む

悲しいキャッチボールはしないようにする

  いつも思うことだが   本当に困っているときに &n

記事を読む

ワインのお勉強はじめます。

初心に戻って基本のきの字からやり直します。 間違ってることもあるかもしれないので、その時は教え

記事を読む

麺とウナギ

土用の丑の日だけど寝ても覚めても蕎麦とか素麺みたいな家で茹でる麺類しか食べてない遅番マネージャーのゆ

記事を読む

今日は

カレーセット。 明日も頑張ろうっと。

記事を読む

アイラ島

スコットランドのすぐ隣にある   小さな島   &nbs

記事を読む

モリモリ。

ゴールデンウイークは今日で終わりですね。 どこに行きましたか? 僕は氷堂さんと船橋オート

記事を読む

シュワシュワの続きの続き。

前回ロゼスティルワインの作り方を紹介しましたが、ロゼスパークリングの作り方はちょっと似ていますが大き

記事を読む

ノンアルコールカクテルです!

こんにちは! 小野です。    

ヘアショーに行ってきました!

こんにちは!   小野です。  

冬眠したい気分です

こんにちは!!   最近とても眠いです。 &n

ハロウィン営業ありがとうございました!

こんにちは! この前はハロウィンパーティーに来店していただきありがと

11月らしくなってきましたね。

こんにちは!   11月らしい気温になってきましたね

→もっと見る


  •  
      友だち追加数
PAGE TOP ↑