*

ボジョレーの帝王について調べてみた

ボジョレーヌーボーの父やボジョレーの帝王と呼ばれるジョルジュ・デュブッフさんについて調べてみました。

 

ジョルジュ・デュブッフ氏

ジョルジュ・デュブッフ氏

 

フランスはボジョレー地区の南部、マコンというところに生まれ18でワインに目覚め1964年にはワインの会社を興して自転車でワインを積んで売り歩き始めたと言います。

 

醸造家としても素晴らしいと書かれていますが、比較できるほどたくさんの銘柄を知らないのでそうなんだなーくらいに読んでおきます。

 

ボジョレーヌーボー自体は古くからあったのですが、それをイベントとして飲食店に留まらずプロデュースして、解禁日を楽しむというアプローチで世界へ発信して類い稀なセンスでバズった(大ヒットした)というところがボジョレーの帝王と呼ばれるまでの評価を得ている由来だそうです。

 

特に日本は日付変更線の関係から世界で一番早くボジョレーヌーボーが飲める国の1つとしてバブル期に普及して以来、四半世紀もイベントとしての価値を持ち続けていることからもその凄いセンスを見ることが出来ますね。

 

ぶどうの出来は毎年変わるので味は分かりませんが、イベンターとして素晴らしい功績を残していることは間違いなさそうです。

 

今日はここまで。

 

関連記事

sluice-202504_1280

色々居るんです

バータイム担当のゆたかです。 たまにはご近所の話。    

記事を読む

IMG_4390

そういえば

最近書いてなかったですね。 楽しみにしていた人が万が一居たとしたらごめんなさいm(__)m

記事を読む

IMG_1284

KOROMO変え

カフェのほうが お昼も少しづつですが順調になってきたんで 思い切って、秋でもあるし、制服

記事を読む

DSC_1250

閏年の29(ニク)日×ベルビー人狼ゲーム3rd

こんにちは、店長の片桐です       閏年の

記事を読む

mushitori

夏の出会い

  こんにちは、店長の片桐です     &nb

記事を読む

image

一週間の終わりに

休み明けの調子の上がらない火曜日から 金曜まで働いてた方、お疲れ様です。 明日からまたお

記事を読む

image

共に。

先日、学生時代からの友人の結婚式で、今時珍しいクリスチャンの純潔な二人でココロ暖まるとてもステキな式

記事を読む

一人目

得るものと失うもの。

もう食べられなくなるというので   僕のお休みに合わせて &nb

記事を読む

image

罰ゲームのゆくえ。(裏側の話おしまい)

遅番マネージャーのゆたかです。   前回(高尾山に到着した金太郎)の続き。

記事を読む

image

たまにはね

都内に所用で来ましたよ。   遅番マネージャーのゆたかです。  

記事を読む

 

お店の情報をチェック!


 
  友だち追加数

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

1489635041955
WBC

  こんにちは、店長の片桐です  

IMG_-dnoilr
イエローカード

  こんにちは、店長の片桐です  

1487650562902
2017バレンタインデーのお返しに(動画有)

  こんにちは、店長の片桐です  

DSC_0032
やる気スイッチ

  こんにちは、店長の片桐です  

IMG_-ax0vst
おめでとう実の妹

  こんにちは、店長の片桐です  

→もっと見る


  •  
      友だち追加数
PAGE TOP ↑